日本バルーン協会会員の特典として、保守管理の知識、技能の向上を目的とした
「バルーン業務安全管理講習」を下記の要項にて開催いたします。

受講資格 日本バルーン協会正会員
法人会員:正社員およびそのスタッフ
個人会員:正社員およびそのスタッフ
講習内容 バルーンビジネスを行うための基礎知識 (下記にて紹介)
講習日程 関東地区 2018年6月19日火曜日 
西日本地区 2018年6月21日木曜日 
北海道・東北地区 2018年6月19日火曜日 
中部地区 2018月6月20日水曜日 
受講証明 日本バルーン協会より講習修了証の発行


【講習の時間割】

■12:00~12:30 (30分)
エキスパート試験
■13:00~13:50 (50分)
高圧ガス
■14:00~14:50 (50分)
フィルムバルーン
■15:00~15:50 (50分)
ラテックスバルーン
■16:00~16:50 (50分)
施工関係の安全知識
■16:50~17:00 (10分)
小テスト、アンケート、修了証配布

※講師の都合によりクラスの順番が変更になる場合がありますのでご了承ください。

【エキスパート試験について】

問題は各教科10問/25点 各教科80点が合格(試験に際し、資料の閲覧は禁止です)
エキスパート試験を受験される方は、12:00より実施されますが、回答提出後は退席できます。
試験の結果は後日、登録代表者に通知させていただきます。
都合により、本年エキスパート試験を受験できない場合は、通信添削または講習会受講により、資格の継続が必要です。

【講習内容および講師紹介】

■ラテックスバルーンについて
製造方法、成分、環境への配慮について。飛翔風船における環境問題にも触れていただきました。
【講師】
株式会社ライオンゴム 代表取締役 宮尾佳延氏
ライオンゴムの歴史は、日本のゴム風船製造の歴史そのものです。

■フィルムバルーンについて
製造方法、素材に関する知識、ガスバリア、ライフタイムの違い、環境への配慮について。紙風船、溶ける風船にも触れていただきました。
【講師】
宝興産株式会社 中村明氏

■高圧ガスについて
高圧ガス取り扱いの知識、ガスの特性、安全対策、法的な規制、販売の規制について。
【講師】
アゲイン 代表
(資)大日本アガ瓦斯製造所 代表取締役 鋤柄喜彦氏
設立は明治、戦前は旧帝国海軍、戦後は民間産業のガス需要に尽力されている会社の社長様です。

■施工関係の安全知識
屋外広告物の規制、施工現場での安全対策、最近の事故の事例について。
【講師】
株式会社BRABVO 代表取締役 加藤政昭氏

※受講内容詳細は配布されたテキストに記載されております。
 バルーンに携わる人々すべてに読んでいただきたい内容がぎっしりつまったテキストとなっております。

受講修了証について


バルーンを扱う、バルーンデコレーションや販売をおこなう上で、広告関係の法律や安全確保の知識があることは当然の義務 です。
今回の「バルーン業務安全管理講習」は他では受講できない、専門分野の安全管理について勉強していただくことを目的とした本格的な講習となります。 この講習を受けた人にだけ、名前入り、有効期限の記載されている、施工時に携帯しやすい形の「受講修了証」が発行されます。お客様に対し、日本バルーン協会の会員であること、ちゃんと安全講習を受けているしっかりとした会社であることが証明できるものであり、アピールしていただけるものと思います。

日本バルーン協会はこの「受講修了証」を携帯している会員に対し、安全なバルーン業務をおこなうための基礎知識を持っていると認めます。

お申し込み・資料ダウンロードは「こちら
 
安全なバルーン業務をおこなうための基礎知識を修得した場合にのみ与えられる特別な資格です。
バルーン業務を安全におこなうための基礎知識を学ぶ特別セミナーを開催しています。
バルーンデコレーションの基礎を紹介するリーフレットをご用意しております。

   
 
 
日本バルーン協会 事務局 〒124-0013 東京都葛飾区東立石4-20-9 ㈱ライオンゴム内  TEL:03-6657-7272
 
 
(c)2015 Japan Balloon Association All rights reserved.